produce by ashitakaragannbaru

プロが教えるSEO対策

ヤフー・グーグル別SEO対策

サイト運営のみならず、ビジネスには欠かせないwebマーケティング。
購買層の分析や、ターゲット層へのアプローチ、商品構成など、分析すべき点は山のようにあります。

でもサイトでの販路を検討しているあなたなら、忘れずに検討したいのが、利用サイトの検討。

現在検索エンジンの最大手といえば、
ヤフーとグーグルで、ほぼ全てのユーザーがこれらのサイトを介してあなたのサイトへ辿り着くことでしょう。
だったら、それぞれの検索サイトごとの特徴も把握しておくべきではありませんか。
ヤフーとグーグルはそれぞれ利用するユーザーの層が違っています。
どちらも利用するというよりは、どちらかを利用するという風に分かれています。
あなたもインターネットで検索する際に使うサイトは決まっているのではないでしょうか?

ネットの検索サイト

そして、それぞれのユーザーは年齢層や職業など違いがあるのです。
ですから、それぞれの検索エンジンに合わせて。
つまり、検索エンジンのユーザーに合わせて特徴を把握し、対策する方が得策と言えるのです。
つまりそれこそがseo対策をすることであると言えます。

ではseo対策とはなんなのか?どうすればいいのか?
それを徹底的に解説します。
ここでは、それぞれのサイトごとの特徴から、それに適したSEO対策について解説したいと思います。
なお2013年2月現在ではグーグルとヤフーはほぼ同じアルゴリズムを使っておりますので、あまり大差がなく思います。
明日から始めるきょうとseo対策会社ベストはここがおススメです。

アドセンスで収益を上げる

アドセンスとはグーグルが提供しているコンテンツ連動型広告のことです。
最大の特徴は、クリックされることで報酬が発生することにあります。

クリックと報酬

また、広告はブログやサイトにマッチしたものが自動で表示されます。
自分で広告を選んで貼り付けるといった作業はありません。

また、一度一つのブログで審査を通してしまえば、他のサイトでもアドセンスを貼ることが出来ます。
アドセンスで収益を上げるためには、当然、自分のブログやサイトの閲覧数を上げる必要があります。

SEO対策を行って、検索上位に表示させることや、ソーシャルネットワークの拡散機能による
SEO対策が必要になるでしょう。

SEO対策のみではなく、良質なコンテンツを作る必要もあります。

具体的には、

サイトタイトル

タイトルタグ

メタネームキーワーズ

メタネームディスクリプション

テキスト1行目

にターゲットキーワードを配置することが必要です。

また、各検索エンジンはW3Cが推奨する文法仕様を基準にしています。
これは、ネット内における文法の基礎となるものです。

このw3c準拠にすることで、検索エンジンにとっても判読しやすいHTMLを作ることにつながります。

サイトの文法をチェックするツールもありますので、ぜひ利用してください。
検索エンジンに判定しやすいサイト作りを意識しましょう。

HTMLも語学とよく似ています。
分かりにくい文法や、癖のある文法は、
人に理解してもらえにくいです。そのためにきちんと情報を羅列する必要性があります。

 

2001-2021master name hisho