produce by ashitakaragannbaru

プロが教えるSEO対策

 

ホームページにseo対策を行うと言う事は、集客力を高める効果に
繋がりますが、seo対策は検索エンジンからの評価を高める工夫として
内部対策と外部対策の2つの対策が必要です。

内部と外部の対策

2つの対策の内、外部対策は検索エンジンからの評価を高めると同時に
人が多く集まるウェブサイトからの被リンク数を増やす事で
リンクを辿って、自らのホームページへの訪問者数を増やす効果にも繋がります。

外部対策の事を被リンク対策と言いますが、seo対策の中では
重要な対策であり、必ず行う必要があります。

また、内部対策と外部対策の重要性を考えた場合
内部対策は20%、外部対策は80%と言われているほど
seo対策の中で外部対策が重要である事が
分かるのではないでしょうか。

重要度が高い

被リンクの数を増やすと言っても、数だけ増やせば良いと言うわけではありません。

人が多く集まるウェブサイトと言うのは、適切なseo対策が行われているためであり
被リンク元の評価も行っておく必要があります。

ウェブサイトの中には、ブラックハットと言われている
seo対策としてやってはいけない方法で対策を行っているホームページや、
更新をせずに、数年間放置してあるホームページもあります。

こうしたウェブサイトからの被リンク対策を行ってしまうと、
検索エンジンからの評価が下がってしまい、自らのホームページに
訪れるユーザー数を減らしてしまう結果に繋がる事もあります。

そのため、外部対策は人が多く集まるウェブサイト、
関連性が高いウェブサイトからの被リンクを利用する事が大切です。

ナチュラルリンクとは?

リンクの獲得について効果的なのが、”ナチュラルリンク”と
いわれるようなリンク獲得の現象です。

これは、自然発生的にリンクが増えていくような状態を表します。
つまり、リンクとは、あなたのサイトに関連性のあるような、
類似性のあるようなサイトからリンクを受けるのが当然の
つながりであり、また時間の経過と共に、リンクが増加していく
というのが自然な現象であるという考え方に基づくものです。

ですから、本来立ち上がったばかりのサイトというのは、
人の目にも触れる機会が少なくて当然です。

ということはリンクもほとんどないか。 あってもわずかのはず。
それにも拘らず大量にリンクを受けているような場合には、
何かしらの作為的な方法を用いているのではないか・・と
検索エンジンが判定してしまうのです。

作為的な方法=不自然として検索エンジンは評価を下げてしまいます。
このように判定されると最悪の場合、ペナルティーの対象となってしまいます。

ペナルティーを受けると順位は下落します。
そしてそうなってしまうと、再浮上は不可能に近いものとなってしまいます。

また、まったく無関係なサイトばかりからのリンクに関しても
同様に判定してしまいますので、いかに関連のあるサイトから
集めるかというのが重要なのです。

リンクの量だけでなく質にも注意しなくてはなりません。
質の良くないサイトをたくさん貼るのは逆効果なのです。

 

2001-2020master name hisho